中国進出に関する相談の詳細

top

類似品、模倣品が出る前にすべき対策はありますか?

中国進出前に商品を守る対策が取れたらと思っております。具体的な策について教えてください。

 

btm

top

まずは特許、商標、意匠などの知財の権利保護に取り組みましょう

進出前に取るべき対策として、一般的には特許、商標、意匠などの知財の権利保護が挙げられます。

 

これまで中国の知財の侵害の事件は数多く発生しており、「クレヨンしんちゃん」の事例や、最近では「青森県」「松阪牛」などの侵害事件があります。こういった事例は枚挙にいとまがありません。

権利保護を行わなかった結果、自社が中国進出しようとする場合の障壁になることが多数見受けられますが、この問題は進出云々の前に対応すべき課題です。

 

 

そもそも日本の製品は、日本のマーケットのみから見られているわけではなく、世界から見られていると認識すべきです。その観点でもって、権利保護に積極的に取り組むべきです。

なお、インターネットのドメインにおいては、特許、商標、意匠などよりもグローバルなために、「サイバースクワッティング」という後で高く売りつけるためにドメイン名を先んじて所得するということが発生しており、事件になっています。

 

JETRO(日本貿易振興機構)では、動画により模倣品に関する注意を呼び掛けており、実際に起こっている被害についての認識を高めることもできますので、ぜひ参考にして下さい。

http://www.jetro.go.jp/theme/ip/animation/counterfeit/

 

弊社では、こうした模倣品、商標登録を保護するための対策についても対応しておりますので、詳しいことはメールにてお問い合わせください。

 

 

 

btm

お問い合わせ/資料請求